今すぐカードローンでお金を借り隊

金利負担を劇的に下げる方法
Home  > お金を借り隊教訓  > 金利負担を劇的に下げる方法

金利負担を劇的に下げる方法

こんにちわ。マッスル山口です。
みなさんカードローンでお金は借りれましたか?
まだの隊員はこのページを見てほしい。
なぜなら利息の金利は大きな負担になるからだ。
例えば1%と10%では10倍金利が違うと思うだろう。
だがしかし!
そうではない!
1年後には、10倍以上の金利差となって現れるだろう。
そうならないためにもシッカリ金利の勉強をしておくことだ。

利息の金利を下げるには

金利無料期間を有効に使って、実質年率を劇的に下げる方法があります。多少面倒ですが、もちろん違法ではありませんので、金利負担に悩んでいる方には一つの解決方法と言るかもしれません。
やり方は、まず何度借りても最初の1週間が金利無料になる業者(A社とします)から、例えば50万円借りるとします。7日後に、他の消費者金融(B社とします)から50万円借入れて、即座にA社の50万円を返済します。次の日にまたA社から50万円借りて、B社に返済。実質年率18%であれば、利息は一日分250円ぐらいです。これを完済するまで繰り返します。こうすることで、計算上は実質年率を2.55%ほどに下げることができます。

面倒臭いけど効果はありそう(自己責任でお願いします)

毎週借入と返済を繰り返しますので、期日の管理をしっかりする必要があります。この方法でやり繰りしている人は結構たくさんいると聞きますが、ただしくれぐれも自己責任でお願いいたします。"
▲このページのトップへ