今すぐカードローンでお金を借り隊

借金の「整理屋」とは
Home  > お金を借り隊教訓  > 借金の「整理屋」とは

借金の「整理屋」とは

巧妙な整理屋の手口

借金の「整理屋」という言葉があります。貸金業者と弁護士、さらに弁護士事務所の事務長による結託なのですが、どのような手口なのでしょうか? 借金を整理するという目的で、弁護士が借入をしている業者に受任通知を出します。これで督促が止まり、返済は毎月弁護士事務所にすることになり、弁護士事務所から債権者への返済が行われる、はずです。

弁護士だからといって…

ある時、弁護士事務所への返済が滞ってしまいました。すると弁護士事務所は、債権者に突如辞任通知を出します。それでも元金はかなり減っているだろうと思うと、たいして減っていません。債権者からの督促が再開されます。一体何が起こったのか? 結局債務整理の書類を書いて送ったのは事務長であり、弁護士は名義を貸しただけ。今まで支払ったお金はほとんど手数料として弁護士事務所がかすめて、債務自体はほとんど残ったまま、ということなのです。弁護士だからと安易に信用してしまいがちですが、和解の内容などしっかり確認する必要があります。
▲このページのトップへ