今すぐカードローンでお金を借り隊

借金があってもお金は借りられる。だからウソをつくのはもうヤメロ!
Home  > お金を借り隊教訓  > 借金があってもお金は借りられる。だからウソをつくのはもうヤメロ!

借金があってもお金は借りられる。だからウソをつくのはもうヤメロ!

マッスル山口です。
キミは借金があるだろうか?
もし借金があるのなら、カードローンの審査のときにシッカリ伝えなければいけない。
なぜなあら借金を隠していると必ずばれて審査に通らないからだ。
もちろん借金があると審査で不利になるのは否めない。
だがしかし!
借金があったとしても多少不利になる程度でお金を借りることは可能だ。
今までにも何人もの猛者たちがお金を借りている。
だから安心してくれ。
借金があってもお金は借りられる。
だから正直に言えばいいんだ。
ボクには借金があるって。
さぁ言ってごらん。

借入状況は正確に申告を

新規申込みの時に他社の借入状況を記入しますが、どうしても審査を通したいがために実際より少なく申告してしまうとどうなるでしょうか。結論から言うと、審査に落る可能性が高くなります。消費者金融業者は申込者の借入状況を信用情報機関に照会しますので、申告内容と照会した内容に違いがあれば、自分の借入状況をきちんと把握していない→計画的に返済してくれない、とみなされてしまいます。ただし信用情報機関はそれぞれ業界ごとに異なっていますので、消費者金融以外の信販系や銀行系の借入については申告する必要はないようです。

意外に重要な「目的欄」

また、借入の目的を記入する欄がありますが、ここも注意が必要です。いくら生活が苦しいからといってそのまま「生活費」と記入してしまうと、最低限の生活費も工面できない人なのか、という判断になります。他社への支払やギャンブル目的もNGワードです。ここは買い物やレジャーなどの、当たり障りのない理由を書いておけばOKです。
▲このページのトップへ