今すぐカードローンでお金を借り隊

お金を借りるとき、なぜ家庭状況を申告しなければいけないのか?
Home  > お金を借り隊教訓  > お金を借りるとき、なぜ家庭状況を申告しなければいけないのか?

お金を借りるとき、なぜ家庭状況を申告しなければいけないのか?

マッスル山口です。
カードローンでお金を借りるとき、家族状況を申告しなければいけない。
なぜ家族状況が必要になるのか?
それはカードローン会社がキミの信用度を計っているからだ。
もしキミが天涯孤独の身だったとしよう。
だとすればキミの信用度は最低ランクだ。
もしキミが実家住まいかつ父母健在、結婚10年目、子供3人だったとしよう。
だとすればキミの信用度は最高ランクだ。
家族が多ければ多いほど信用度が上がる。
それはそうだ。
1人だと逃げようと思えば逃げられる。
だけど家族がいれば、家族に負担をかけまいとして逃げられないだろう。
その家族が多ければ多いほど、その傾向が強くなる。
だから家族が多いほどキミの信用度は増すんだ。
だから審査のときはこう言えばいい。
ボクのお父さんはビックダディだよ、っと。
※余計借りれません
※ウソはいけません

家族の状況なんか知ってどうするの?

同居家族の有無や既婚未婚、子供の有無など、消費者金融業者はこんな事をどうして知りたがるのでしょうか。あまりプライベートに立ち入ってほしくありませんが、これは仕方がありません。なぜなら独身の一人暮らしの場合、延滞してしまうと連絡が取れなくなる確率が高くなるというデータがあるからです。同居家族がいれば連絡をとる方法があるという事ですので、評価のポイントは高くなります。また既婚者で子供がいれば、金銭的にはある程度余裕があり、金銭管理もしっかりしていると評価されます。ただし若いバツイチのシングルマザーなどは厳しい評価になってしまいますので、注意が必要です。

居住状況も調べます

住居の種類も重要で、もちろん持家なら最高です。それだけ収入も高く、万が一事故を起こしてしまっても住宅を処分させることができます。その次は賃貸住宅です。当然家賃が高い方が評価は良いのですが、収入に対して高すぎる家賃を払っている場合は、かえって逆効果になってしまいますので注意しましょう。
▲このページのトップへ