今すぐカードローンでお金を借り隊

保険証は信用度を表します
Home  > お金を借り隊教訓  > 保険証は信用度を表します

保険証は信用度を表します

マッスル山口です。
みなさんカードローン審査の身分証明書は何を使いましたか?
おそらくほとんどの隊員が運転免許書を使ったことだろう。
だがしかし!
それで審査に落とされた者は何人もいるのではないか。
なぜなら運転免許書では、キミの信用度をカードローン会社に伝えることができないからだ。
キミの信用度を伝える最も有効な手段は保険証だ。

保険証は信用度のたまもの

新規申込みの際、保険証の種別を書きます(または入力します)。会社員であれば政府の社会保険や健康保険組合の保険証、公務員や教師であれば共済組合の保険証になります。信用度としては共済組合が最強で、一番安定していて貸し倒れが少ないと評価され、限度額も最初から高くなります。次が会社員ですが、健康保険組合発行の保険証であれば政府発行の保険証よりも評価が高く、さらに大企業であれば共済組合と同等の評価を受けられることもあるようです。市町村発行の国民健康保険は、「無保険よりマシ」という程度であまり評価はされません。

点数を付けて申込者を評価

他の評価の項目として、持家か賃貸か、年収や勤続年数、勤務先の業種や規模、家族の人数や他社の借入状況などがあり、これらに点数を付けていきます。信用のある人は限度額が大きく、派遣やフリーター、アルバイトなど比較的収入が低いは借入限度額も低くなってしまいます。残酷なようですが身分社会の一端が垣間見えるようですね。
▲このページのトップへ